2017年11月25日土曜日

初石地区の第2回目料理教室

定員15名で初回、今回とも100%の出席です。

初回よりスムースに運び 肉じゃが、シシャモの春巻き、味噌汁、柿とかぶの甘酢和え、4品でしたが10時スタートで12時には食べ終わり12:30には片付けもおわり皆さん要領よく進んでおりました。



出来上がった料理は肉じゃが シシャモの春巻きです。 
シシャモの春巻きは結構いけますヨ 
シシャモを春巻きの皮で巻 サラダ油で焼いただけです。



2017年11月12日日曜日

南流山地区第2回目男の料理教室

欠席者0 全員参加でした。 初回より雰囲気的には和やかなになり笑い声や横やりの声が入ったりと段々楽しくなってきているのではないかと思います。 皆さん調理しているときは真剣な眼差して取り組んでいらっしゃいました。
足原さんにお手伝いいただきました。
次は11月25日(土)に初石地区で開催予定です。

2017年6月25日日曜日

江戸川台小田急ハイツにて「終末期医療について」

小田急ハイツ、サポートネットと組んで、終末期医療について皆さんで意見交換しました。
「お盆に息子たちが帰ってきたら、一緒に話し合ういい機会になりました」
という声があって、会を開いたかいがありました(^^)



2017年4月8日土曜日

公益事業として補助金の認定を受けました

今年度(H29)の重点方針として「終末期の医療・介護」を市民とともに考える活動を展開しますが、このたび「市民活動団体公益事業」に認定され、行政の支援を受けることになりました。
活動のポイントは2つ。 ① 終末期医療で「延命治療」を受けたくない場合はどうすればいいか。「尊厳死宣言」や「事前指示書」はどう書けば良いのか。それは有効なのか。「在宅医療」は可能か。 ② 介護施設(特養、老健、サ高住、有料老人ホームなど)の内容を学ぶ。(コストとサービス) 医師等専門家を講師にセミナーを8回、シンポジュムを1回開催します。 


単なる「講演会」ではなく、後半は10人単位のワークショップで意見交換を行います。 会場は各地の自治会館や福祉会館を予定しております。(松が丘、平和台は実施済み) 来年1月14日には「平穏死のすすめ」著者・石飛幸三氏ほか専門家によるシンポジュムを予定しております。(於生涯学習センター)